Synology DS215jの簡単なレビュー

Synology DS215jの速度計測と消費電力を記録

ハードウェア詳細

Synology DS215j
2ベイのNAS
CPU Armada 375 デュアルコア800MHz
メモリ 512MB
LAN ギガビット有線1ポート

使用するHDDはWD Red WD20EFRXを2本
2ベイなのでRAID1構成

使用しているDSMは6.0系の6.0-7321-6

セットアップ直後の空き容量は1.8TB

消費電力

アイドル状態
11-12W

スリープ状態(HDD電源オフ)
5W

HDD速度計測 読み込み
13-15W

HDD速度計測 書き込み
13-17W

HDD速度計測

CrystalDiskMarkを使用 ギガビットLANで接続

簡単な感想

メインのNAS機であるNAS4FREEに比べると当然遅いのだが
ReadyNASとかQNAPとかその辺の製品群の中ではかなりいいと思う
正直ここまで性能出してくるとは思わなかった コスパ最高

もうDS215jは型落ち品で現行はDS216jになってます
DS215jとDS216jの違いはCPUが200MHzアップと
USB2.0とUSB3.0がUSB3.0x2ポートになっただけ
同じ価格ならDS216jだが現在の価格差考えると
19,000円前後で買えるDS215jの方がベストバイ

NASにデータベースやPHPなど入れまくってCPU使う気ならDS216jだが
普通に写真や動画を管理するだけならCPUはDS215jでも100%に張り付いたりはしない

メモリが増量してれば迷わず選んだのに惜しい

世代バックアップもHyper Backupというアプリを入れれば可能

少し残念なのがext4を使うところ
ReadyNASならBTRFSが使える
DSM6.0を使っても現在はIntelのクアッドコアCPU搭載機のみしか使えず
DS215jやDS216jは使えない