VMware ESXiをアップデート 6.5d→6.5 Update1

VMware ESXiをアップデートした記録 6.5d→6.5 Update1

アップデート内容

今回は6.5dから6.5 Update1へアップデートしました

[root@esxi:~] esxcli system version get
   Product: VMware ESXi
   Version: 6.5.0
   Build: Releasebuild-5310538
   Update: 0
   Patch: 19
[root@esxi:~] esxcli system version get
   Product: VMware ESXi
   Version: 6.5.0
   Build: Releasebuild-5969303
   Update: 1
   Patch: 26

アップデート内容は項目多いので公式参照
VMware ESXi 6.5, Patch ESXi-6.5.0-20170702001-standard (2149931) | VMware KB
https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2149931

いつも通りパッチあてて再起動するだけでOK
各VMもいつも通り稼働できており不具合は今のところ遭遇してません

C#版クライアントから接続できなくなります

システム的な不具合はありませんが
C#版クライアントから接続できなくなりました

6.5dまではサポートしないといいつつ接続可能で
設定やVM作成など一通りは操作可能でした
HTML5版より快適なので使ってた人も多いでしょう

しかし6.5 Update1からは接続すら許されなくなりました
ログインを試みるとこうなります

必要なクライアント サポート ファイルをサーバ「0.0.0.0」から取得して、インストールする必要があります。「インストーラを実行」をクリックするか、「インストーラを保存」をクリックします。

ここで「インストーラを実行」や「インストーラを保存」を選択しても

サーバ「0.0.0.0」から、必要なクライアント サポート ファイルを取得できません。今すぐログイン処理を終了します。
詳細: 接続障害が発生したため、要求に失敗しました。 (リモート サーバーに接続できません。)

という感じで接続できません

ということでC#版がないと嫌だ!という方は6.5dで留まる必要があります
不具合などで6.5 Update1をどうしても使わないといけない方は
C#版を捨てるしかないようです

C#版のVMware vSphere Clientには長い間お世話になりました
こうなったからにはHTML5版がもっとサクサク使えるように改良されることに期待しつつ
ユーザ側がHTML5版に慣れるしかないですね

X710-DA2のドライバ更新

個人的に10GbE NICのX710-DA2を使っていますが
今回の6.5 Update1で標準で入っているi40enドライバが更新されています

VMware ESXi 6.5, Patch ESXi650-201707213-UG: Updates i40en VIB (2149926) | VMware KB
https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2149926

6.5dの場合

[root@esxi:~] esxcli network nic get -n vmnic3
   Advertised Auto Negotiation: false
   Advertised Link Modes: 1000BaseT/Full, 10000BaseT/Full, 10000BaseT/Full
   Auto Negotiation: false
   Cable Type: 
   Current Message Level: -1
   Driver Info: 
         Bus Info: 0000:01:00:1
         Driver: i40en
         Firmware Version: 5.05 0x80002892 1.1568.0
         Version: 1.1.0
   Link Detected: false
   Link Status: Down 
   Name: vmnic3
   PHYAddress: 0
   Pause Autonegotiate: false
   Pause RX: false
   Pause TX: false
   Supported Ports: 
   Supports Auto Negotiation: false
   Supports Pause: false
   Supports Wakeon: false
   Transceiver: 
   Virtual Address: **:**:**:**:**:**
   Wakeon: None

6.5 Update1の場合

[root@esxi:~] esxcli network nic get -n vmnic3
   Advertised Auto Negotiation: false
   Advertised Link Modes: 1000BaseT/Full
   Auto Negotiation: false
   Cable Type: 
   Current Message Level: -1
   Driver Info: 
         Bus Info: 0000:01:00:1
         Driver: i40en
         Firmware Version: 5.05 0x80002892 1.1568.0
         Version: 1.3.1
   Link Detected: false
   Link Status: Down 
   Name: vmnic3
   PHYAddress: 0
   Pause Autonegotiate: false
   Pause RX: false
   Pause TX: false
   Supported Ports: 
   Supports Auto Negotiation: false
   Supports Pause: true
   Supports Wakeon: false
   Transceiver: 
   Virtual Address: **:**:**:**:**:**
   Wakeon: None

1.1.0から1.3.1へ更新されているのがわかります
他にはSupports Pauseがtrueへ変わってました

10GbEなのにAdvertised Link Modesが1000BaseT/Fullになってますが
リンクアップするとAdvertised Link Modes: 10000BaseT/Fullに変化しますのでご安心を

今のところ問題なく使えてます