VMware ESXiを6.7.0 Update3へアップデート

VMware ESXiを6.7.0 Update3へアップデートした記録

アップデート内容

今回はUpdate3が出る前の最新Verである6.7.0 Update2(Build 13981272)から
6.7.0 Update3(Build 14320388)へアップデートしました

[root@esxi:~] esxcli system version get
   Product: VMware ESXi
   Version: 6.7.0
   Build: Releasebuild-13981272
   Update: 2
   Patch: 60
[root@esxi:~] vmware -vl
VMware ESXi 6.7.0 build-13981272
VMware ESXi 6.7.0 Update 2

[root@esxi:~] esxcli system version get
   Product: VMware ESXi
   Version: 6.7.0
   Build: Releasebuild-14320388
   Update: 3
   Patch: 73
[root@esxi:~] vmware -vl
VMware ESXi 6.7.0 build-14320388
VMware ESXi 6.7.0 Update 3

リリースノートはこちら
VMware ESXi 6.7 Update 3 Release Notes
https://docs.vmware.com/en/VMware-vSphere/6.7/rn/vsphere-esxi-67u3-release-notes.html

中身はバグ修正からデバイス対応追加などいつも通り大量にあります
VMware Toolsも更新されていました
仮想マシンのバージョンは6.7 U2が最新でしたので今回は更新されてません

既知の不具合

一部のUEFIブートしている環境において
アップデート後にエラーで起動できなくなる問題が発生しているようです
その際はBIOSブートに変更すれば起動できるとのこと
USBブートしていると発生しやすいなどの報告もありますが
まだ報告され始めた段階なので発生条件については特定されてません

設定のバックアップは当然ですが
念のためアップデート作業は時間に余裕がある時に行うか
修正されるのを待ちましょう

改善した点

個人的な改善して良かった点を紹介

パフォーマンスモニターの不具合

6.5から6.7へアップデートした際に発生し
6.7 U3を導入するまでずっと継続していたこの問題がついに解消しました

VMware ESXiをアップデート 6.5→6.7 | fefcc.net
https://fefcc.net/archives/663

こちらの記事でもご紹介している内容で
CPU使用率などのグラフが10分程度経過するとリセットされてしまう状態でした

しかし6.7 Update3にアップデートするだけで
6.5の時と同様に直近1時間を確認できるようになりました

ESXi全体もVM1台ごとでも正常に表示されましたので
この問題はUpdate3で解決です

VMオンオフ時に仮想スイッチのログが出る不具合

こちらも6.7からの問題だったと思いますが
ホスト→監視→イベントで表示されるログに
各VMをオンオフするだけで仮想スイッチのリストアされた云々が出ていました

実害はないのでスルーしていたわけですが
今回のUpdate3導入でこちらも6.5の時と同様に表示されないようになり
VMのパワーオン・パワーオフだけのログになりました

X710-DA2のドライバ更新

ESXi機に10GbE NICのX710-DA2を利用している関係でi40enドライバを利用していて
今回i40enが更新されたとリリースノートにあったので確認します

6.7.0 Update2(Build 13981272)の時

[root@esxi:~] esxcli network nic get -n vmnic2
   Advertised Auto Negotiation: false
   Advertised Link Modes: 10000BaseT/Full
   Auto Negotiation: false
   Cable Type: DA
   Current Message Level: -1
   Driver Info: 
         Bus Info: 0000:01:00:0
         Driver: i40en
         Firmware Version: 6.01 0x80003483 1.1747.0
         Version: 1.3.1
   Link Detected: true
   Link Status: Up 
   Name: vmnic2
   PHYAddress: 0
   Pause Autonegotiate: false
   Pause RX: false
   Pause TX: false
   Supported Ports: DA
   Supports Auto Negotiation: false
   Supports Pause: true
   Supports Wakeon: false
   Transceiver: 
   Virtual Address: **:**:**:**:**:**
   Wakeon: None

6.7.0 Update3(Build 14320388)の時

[root@esxi:~] esxcli network nic get -n vmnic2
   Advertised Auto Negotiation: true
   Advertised Link Modes: Auto, 10000BaseT/Full
   Auto Negotiation: true
   Cable Type: DA
   Current Message Level: 0
   Driver Info: 
         Bus Info: 0000:01:00:0
         Driver: i40en
         Firmware Version: 6.01 0x80003483 1.1747.0
         Version: 1.8.1.9
   Link Detected: true
   Link Status: Up 
   Name: vmnic2
   PHYAddress: 0
   Pause Autonegotiate: false
   Pause RX: false
   Pause TX: false
   Supported Ports: DA
   Supports Auto Negotiation: true
   Supports Pause: true
   Supports Wakeon: false
   Transceiver: 
   Virtual Address: **:**:**:**:**:**
   Wakeon: None

このように1.3.1から1.8.1.9に上がっており
Auto Negotiation関連がtrueになってますね
1.3.1でも10G上限までしっかり転送出来て安定していたので
今のところ違いは感じませんが不具合も発生していないように感じます

ちなみにX710-DA2のFirmwareは6.01のままですが
現在の最新verは7.0がリリースされています
6.01のままなのは安定しているからで特に意味はありません