RouterOSをアップデート 6.42→6.42.1

Mikrotik RouterOSをアップデートした記録 6.42→6.42.1

アップデート内容確認

MikrotikのRouterOSを
6.42から6.42.1にWinboxを使ってアップデートします

変更点の確認はこちら
MikroTik Routers and Wireless – Software
https://mikrotik.com/download/changelogs

前回から10日という短期間での更新になりましたが
今回のメインはWinboxポート脆弱性対応ですので早めに対応しましょう

Winboxポート脆弱性の対象はバージョンは6.29~6.42
詳細情報はこちらの公式フォーラムでどうぞ
Advisory: Vulnerability exploiting the Winbox port [SOLVED] – MikroTik
https://forum.mikrotik.com/viewtopic.php?f=21&t=133533&p=656255

6.42.1で修正されてますが今後に備えて
公式ではサービスへの接続元IPを制限するようアナウンスされてます
こっちでも制限しておけばFWの設定ミス時も安心ですね
Winboxでの制限方法は公式ツイッターで紹介されてますので参照ください
MikroTikさんのツイート
https://twitter.com/mikrotik_com/status/988375252534218752

WAN回線を該当ルータに繋いでる場合はパスワード漏れの可能性もあるので
念のためパスワード変更が推奨されてます

今回の所要時間は2回の再起動含めて5分程度で終わりました

アップデートの手順

事前にバックアップをした上で以下の操作でアップデートを実行

RouterOSのアップデート

System→PackagesでPackage Listを開いて左上の「Check For Updates」を選択

6.42から6.42.1へアップデートと表示出てるのを確認して「Download&Install」を押す

無事に完了すると自動で再起動開始されます
再起動後にPackage ListにてVersionが6.42.1になっているのを確認

FWのアップデート

FW更新を行うためSystem→Routerboardを開く
Upgrade Firmwareが6.42.1になっているのを確認して「Upgrade」ボタンを選択

FW更新の確認画面が出るのでYesで続行
更新処理が完了しても確認画面が消えるだけで特に変化はない

新FWを反映させるためSystem→Rebootから再起動
再起動後にSystem→RouterboardにてCurrent Firmwareが6.42.1になっているのを確認

最後に最新Verの状態でバックアップをして完了

ダークモード機能追加

Winboxポート脆弱性対応に隠れて
hAP acとhAP ac2向けにダークモードも追加されてました
*) led – added “dark-mode” functionality for hAP ac and hAP ac^2 devices;

ダークモードとはハードウェアのLEDを消灯させるだけですが
とりあえず試してみました

Winboxでの設定方法
System→LEDs

Settingsボタンを選択しAll LEDs Offを
「never」から「immediate」へ変更しApplyかOKを選択

するとLEDが消灯してると思います

試せばわかりますが注意点としては
PWR以外は消灯しますが
PWRの青LEDだけそのまま点灯状態です
それで正常だそうです