Winboxの設定項目(hAP ac)を一気に確認

Winboxの設定項目を一気に確認していきます

最初に

今回紹介しているMikroTik hAP acの基本情報や入手元については
こちらの記事をご覧ください

MikroTik hAP acを開封 | fefcc.net
https://fefcc.net/archives/552

今回のWinboxはバージョン3.12、hAP acのFWは6.41.2
MikroTik hAP acはデフォルト設定を読み込んだだけの状態です
設定項目が多すぎて個別の解説はできませんので
今回は各ウインドウを並べてスクリーンショットを使って一気見紹介します
ほぼ用語の並びなのでタブ名や項目名を見てどんな機能かはわかると思います

Quick Set

設定ウィザードです
項目はCPE/PTP Bridge AP/PTP Bridge CPE/WISP AP/Home AP Dual/CAP

CAPsMANからMechまで

CAPsMAN/Interfaces/Wareless/Bridge/PPP/Switch/Mech
この辺りが一番よく使う部分です

IP

ARP/Accounting/Addresses/Cloud
DHCP Client/DHCP Relay/DHCP Server/DNS/Firewall

IPsec/Neighbors/Packing/Pool/Routes/SMB/SNMP/Services

Settings/Socks/TFTP/Traffic Flow/UPnP/Web Proxy

MPLS

MPLS/Traffic Eng/VPLS

Routing

BFD/BGP/Filters/MME/OSPF/Prefix Lists/RIP

System

Auto Upgrade/Certificates/Clock/Console
Disks/Drivers/Health/History/Identity/LEDs/License

Logging/Packages/Password/Ports/Reboot
Reset Configuration/Resources
Routerboard/SNTP Client/Scheduler

Scripts/Shutdown/Special Login/Users/Watchdog

Queues/Files/Log/Radius

Tools

ここは設定ではなく動作テストや監視用のツール群

Btest Server/Bandwidth Test/Email
Flood Ping/Graphing/IP Scan
MAC Server/Netwatch/Packet Sniffer

Ping/Ping Speed/Profile/RoMON/SMS/Telnet/Torch

Traceroute/Traffic Generator/Traffic Monitor

New TerminalからMake Supout.rifまで

New Terminal/MetaROUTER/Partition/Make Supout.rif
New TerminalからCLIも使えます
Make Supout.rifはサポートを受ける際のデバッグファイル出力で普段は使いません

Manual

Winbox内のブラウザでWiki閲覧できます
表示先のURLはこちら

Manual:TOC – MikroTik Wiki
https://wiki.mikrotik.com/wiki/Manual:TOC

New WinBox

Winboxを別タスクで起動できます

最後に

このように窓を並べれるのが便利なWinboxです
Winbox側で小窓の位置などを保存できるので
作業途中にWinboxを切っても再ログイン時に復元できたりします

ツール内での解説は一切なく解説はwikiを見ろというシンプルな考え方で
英語ツールだと逆にその方がわかりやすいと思います