NAS4FreeからXigmaNASへ更新してみた

NAS4FreeからXigmaNASへ更新してみたメモ

最初に

先日NAS4FreeがXigmaNASへプロジェクト名変更が決定しました
それに伴いSourceForge上でも別プロジェクト扱いとなりました

更新ログを見る限り名称変更作業も落ち着いたようなので
実際にNAS4Freeを運用しているサーバをXigmaNASへ
更新する作業を行ってみました

更新前のNAS4Free

今回更新するNAS4Freeは2018年6月に更新した
11.1.0.4.5606で

RAIDZ2を構成しサービスは
Win10/Win8/Win7/WinXPを相手にSMBのみ使用

11.1.0.4系からの更新をサポートしているので
それより古い場合は一度、11.1.0.4系への更新を経由するのが無難です

更新先のXigmaNAS

2018/07/12現在では11.2.0.4.5748が最新になっていましたので
今回は11.2.0.4.5748への更新を実施します

ベースOSがFreeBSD 11.2に更新されているので
古いハードウェアの場合はサポートから外れていないか注意してください

公式フォーラムではBroadcomのNICを使用していると
起動できないケースがあるようですが
私はIntelNICだったので問題なかったです

更新作業の前に設定バックアップ

WEBGUIのシステム→バックアップ/リストアから
NAS4Freeの設定をバックアップします

暗号化メニューもありますが自由にどうぞ
今回は暗号化せずにバックアップするのでチェックを外し
「設定をダウンロード」ボタンを選択

更新に使うイメージファイル

更新に使うイメージファイルについてですが
今現在のXigmaNASプロジェクトではこのようになってます

XigmaNAS – Browse Files at SourceForge.net
https://sourceforge.net/projects/xigmanas/files/

残念ながらファイル名がXigmaNAS~となっており
更新前の11.1.0.4.5606ではサポートしてません

そこでNAS4Freeプロジェクトの方へ移動するとこのようになってます

NAS4Free – Browse Files at SourceForge.net
https://sourceforge.net/projects/nas4free/files/

11.1.0.4系の最新版である11.1.0.4.5673と
11.2.0.4系の最新版である11.2.0.4.5748が用意されていて
このNAS4Free 11.2.0.4.5748の中身が
XigmaNASの11.2.0.4.5748と同様になっていて
NAS4FreeからXigmaNASへの更新する為の架け橋となるファイルになります

更新作業

普段のアップデート同様にWEBGUIから更新できるので
システム→Firmware Updateへ移動

このページでも先ほど確認した
NAS4Freeプロジェクト版の11.2.0.4.5748が指定されています
更新を実施するので「Enable Firmware Upgrade」を選択

Online InfomationにあるリンクからでもいいのでSourceForgeから
embeddedのxzファイルをダウンロード
破損がないかをチェックサムで確認してから
参照ボタンからアップロードし
「ファームウェアアップグレード」ボタンから実行

すぐに更新作業が開始されるので
しばらく待機します

更新作業が無事に終わるとWEBGUIへアクセスが可能になります
ログイン画面で早速XigmaNASの表記を確認できます

ログインするとNAS4Freeのロゴが変わっただけのメイン画面になります
ベースOSもFreeBSD 11.2系になっているのを確認できます
FreeBSD 11.2-RELEASE #0 r336180M: Tue Jul 10 22:52:56 CEST 2018

各サービスの動作確認

更新前に使用していたSMBなどのサービスが
問題なく動作しているかこの段階で確認します

私の場合は特に問題なかったですが
最悪の場合ここで11.1.0.4系に戻す必要があるかもしれないからです

環境次第ではSamba 4.5.0からNTLMv1認証がデフォルトでオフに変更されており
その関係で接続できない端末が出てくるかもしれません

その場合はCIFS/SMBの設定画面にある
追加のパラメータでntlm auth = yesを追記し保存すればOK

zpool upgradeの実施

11.2系への更新でzpoolの更新もアナウンスされています
各サービスの利用に問題ないことを確認したらこちらも更新します

一度zpool upgradeを実施すると戻せませんので
11.1.0.4系に戻すことはないと確定してから実行するようお願いします

まずディスク→ZFS→情報で現在の状態を確認します

  pool: ********
 state: ONLINE
status: Some supported features are not enabled on the pool. The pool can
  still be used, but some features are unavailable.
action: Enable all features using 'zpool upgrade'. Once this is done,
  the pool may no longer be accessible by software that does not support
  the features. See zpool-features(7) for details.
  scan: none requested
config:

  NAME          STATE     READ WRITE CKSUM
  ********      ONLINE       0     0     0
    raidz2-0    ONLINE       0     0     0
      ada0.nop  ONLINE       0     0     0
      ada1.nop  ONLINE       0     0     0
      ada2.nop  ONLINE       0     0     0
      ada3.nop  ONLINE       0     0     0
      ada4.nop  ONLINE       0     0     0
      ada5.nop  ONLINE       0     0     0
      ada6.nop  ONLINE       0     0     0
      ada7.nop  ONLINE       0     0     0
      ada8.nop  ONLINE       0     0     0
      ada9.nop  ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors

statusとaction部分で更新をするよう通知がきています

実際にディスク→ZFS→ツールにてzpool upgradeしていきます
ステップ1で「Upgrade ZFS and add all supported feature flags on a pool」を選択
「Next」ボタンで次へ

ステップ2で対象のプールをチェックボックスにて選択し「Next」ボタンで次へ
ここで表示されているPool Versionは更新後も5000のままで正常です

ステップ3で実行結果が確認できます
今回は問題なく成功

zpoolが最新になったかどうかをディスク→ZFS→情報で再度確認します

  pool: ********
 state: ONLINE
  scan: none requested
config:

  NAME          STATE     READ WRITE CKSUM
  ********      ONLINE       0     0     0
    raidz2-0    ONLINE       0     0     0
      ada0.nop  ONLINE       0     0     0
      ada1.nop  ONLINE       0     0     0
      ada2.nop  ONLINE       0     0     0
      ada3.nop  ONLINE       0     0     0
      ada4.nop  ONLINE       0     0     0
      ada5.nop  ONLINE       0     0     0
      ada6.nop  ONLINE       0     0     0
      ada7.nop  ONLINE       0     0     0
      ada8.nop  ONLINE       0     0     0
      ada9.nop  ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors

正常な表記に戻っています

ステップ3のOutputの部分で更新によってサポート追加された機能が表示されていて
今回はdevice_removal/obsolete_counts/zpool_checkpointです

各機能の詳細はこちらで参照ください
zpool-features
https://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?query=zpool-features

更新作業完了

以上で更新作業は完了になりますので
この状態で再度、設定をバックアップして保存しておきます

既にXigmaNASになっているので
SourceForgeもXigmaNASプロジェクトが参照されており
次の更新からはXigmaNASの方で更新されていきます

システム→Firmware Updateでのページで
Online Informationでファイル名が
XigmaNAS~になっているのが確認できます

最後に

いつも通りWEBGUIからの更新が可能で再インストールせずに済んだのは良かったです
ついでに11.2系に更新できましたし今のところ問題なく運用できています

やっぱりNASOSは安定が一番重要なので
引き続きXigmaNASでも安定重視の開発を期待してます