TS-873のシステムボリューム

TS-873のシステムボリュームについていろいろ

システムボリュームとは

QTS自体で使用するデータが入ったボリュームのことで
QTS内のアプリなどで使用されるデータ領域です

アプリ本体のデータはもちろん
アプリ内で生成したデータ保存でも使用される場合があり
ぎりぎりのサイズでシステムボリュームを作成すると不足する場合があります

使用するアプリによっては利用者が気付かない間に容量を食いつぶしてしまうので
容量のアラート閾値を設定しておいた方が無難です

基本的には1つ目に作成したボリュームが自動でシステムボリュームとして設定される仕様で
「ストレージ&スナップショット」ツール内にある
ストレージ -> ストレージ/スナップショットの部分で確認可能
ボリューム名表記部分に(システム)と付いています

この仕様を利用してQTSやアプリを快適に使うために
1つ目をSSD上で作り、2つ目以降をHDDで作成したりするテクもある

後からシステムボリュームを移動させたりするのは面倒な作業になるので
この辺りは保管データを投入する前に考慮しておいた方がいい

検証環境

QNAP TS-873-4G
QTSバージョンは4.4.1.1086

Amazon | QNAP(キューナップ) TS-873 クアッドコア2.1 GHz CPU 4GBメモリ 8ベイ DTCP-IP/DLNA対応
https://amzn.to/34uq7oC

システムボリュームの使用容量

50GBのシックボリュームで作成した時は16.09GBを使用
自動で生成される共有フォルダーはPublicとWeb

Multimedia Consoleでマルチメディアサービスを有効にした場合も
50GBボリュームで同じく16.09GB
共有フォルダーはDownload・Multimedia・Recordingsが追加される

1TBでシステムボリュームを作成した場合は16.11GB

6TBでシステムボリュームを作成した場合は16.12GB

50GB~6TBまで16GBちょっとで安定しているので
空き容量に応じて変動するわけではないようです

システムボリュームの中身

SSHで覗いてみました

[~] # ls /share/CACHEDEV1_DATA/ -al
total 96
drwxrwxrwx 19 admin administrators  4096 2019-11-01 23:10 ./
drwxrwxrwt 33 admin administrators   720 2019-11-01 23:13 ../
drwxr-xr-x  6 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 .antivirus/
-rw-------  1 admin administrators  6144 2019-11-01 23:13 aquota.user
drwxrwxrwx  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 homes/
drwxr-xr-x  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 .ldapdb/
drwxr-xr-x  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:10 .locks/
drwx------  2 admin administrators 16384 2019-11-01 23:07 lost+found/
drwxr-xr-x  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 .nc/
drwxrwxrwx  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 .php_session/
drwxr-xr-x  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 .php_session_sys/
drwxrwxrwx  4 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 Public/
-rw-r--r--  1 admin administrators    29 2019-11-01 23:07 .qextension
drwxrwxrwx  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 .qpkg/
drwx------  4 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 .@qsync/
drwxr-xr-x  6 admin administrators  4096 2019-11-01 23:10 .samba/
drwxrwxrwx  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 .spool/
drwxr-xr-x  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 .SSDLaboratory/
d---------  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 .swap/
drwxr-xr-x  5 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 .system/
drwxrwxrwx  4 admin administrators  4096 2019-11-01 23:09 Web/

次にMultimedia Consoleでマルチメディアサービスを有効にした場合

[~] # ls /share/CACHEDEV1_DATA/ -al
total 120
drwxrwxrwx 25 admin administrators  4096 2019-11-01 23:25 ./
drwxrwxrwt 33 admin administrators   780 2019-11-01 23:25 ../
drwxr-xr-x  6 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .antivirus/
drwxr-xr-x  3 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .appDB/
-rw-------  1 admin administrators  6144 2019-11-01 23:22 aquota.user
drwxrwxrwx  4 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 Download/
drwxrwxrwx  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 homes/
drwxr-xr-x  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .ldapdb/
drwxr-xr-x  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:25 .locks/
drwxrwxrwx  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .log/
drwx------  2 admin administrators 16384 2019-11-01 23:22 lost+found/
drwxrwxrwx  5 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 Multimedia/
drwxr-xr-x  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .nc/
drwxrwxrwx  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .php_session/
drwxr-xr-x  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .php_session_sys/
drwxrwxrwx  4 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 Public/
-rw-r--r--  1 admin administrators    29 2019-11-01 23:22 .qextension
drwx------  3 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .@qmonitor/
drwxrwxrwx  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .qpkg/
drwx------  4 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .@qsync/
drwxrwxrwx  4 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 Recordings/
drwxr-xr-x  6 admin administrators  4096 2019-11-01 23:25 .samba/
drwxrwxrwx  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .spool/
drwxr-xr-x  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .SSDLaboratory/
d---------  2 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .swap/
drwxr-xr-x  8 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 .system/
drwxrwxrwx  4 admin administrators  4096 2019-11-01 23:24 Web/

ちなみに普通のボリューム

[~] # ls /share/CACHEDEV2_DATA/ -al
total 32
drwxrwxrwx  3 admin administrators  4096 2019-11-01 23:13 ./
drwxrwxrwt 33 admin administrators   720 2019-11-01 23:13 ../
-rw-------  1 admin administrators  6144 2019-11-01 23:13 aquota.user
drwx------  2 admin administrators 16384 2019-11-01 23:13 lost+found/
-rw-r--r--  1 admin administrators    29 2019-11-01 23:13 .qextension

自動生成される共有フォルダ

Download・Multimedia・Recordingsはマルチメディアサービスを無効にすれば消えますが
Public・Webはデフォルト共有フォルダなので削除はできない仕様

残ってしまうとWindows側からNASをSMBで見ると使わないのにリストされてしまう

Public・Webへの対処

フォルダそのものを削除できない場合はリストから消すしかありません

非表示にするにはコントロールパネル -> 権限設定 -> 共有フォルダーへ移動
右にあるアクション -> 一番左のアイコン「プロパティの編集」を選択

ネットワークドライブの非表示にチェックを入れるとOK

共有フォルダー一覧でも非表示が「はい」になっていればOK

Windowsからもリストされていないのを確認する

注意点としては非表示にしてもリストされていないだけで
\\NASIP\Publicなどの直パス指定だとアクセス可能です

ユーザアクセス権限を設定

PublicやWebを使われたくない場合はアクセス権限で指定しておく必要がある

権限設定にするにはコントロールパネル -> 権限設定 -> ユーザへ移動
右にあるアクション -> 右から2番目のアイコン「共有フォルダー権限の編集」を選択

両方ともアクセス拒否に設定する為、Denyにチェックを入れて適用する
初期値ではPublicは読み取り専用、Webはアクセス拒否

これで直パスを知っている人でもログインできないので結局使えない

ゲストアクセス

初期値ではゲストアクセス拒否になっているが
念のためWindows側からアクセスできないことを確認しておく

ゲストアクセスの設定はコントロールパネル -> 権限設定 -> 共有フォルダーに移動
アクション -> 共有フォルダー権限の編集を選択

「ゲストのアクセス権」のプルダウンで設定すればOK