FreeNAS 11.2へ更新

FreeNAS 11.2へ更新した時のメモ

最初に

FreeNAS 11.2が2018/12/5にリリースされました
予定よりかなり遅れましたがなんとか年内には間に合った形です
これでようやくベースOSもFreeBSD 11.2へ更新されました
世間では既にFreeBSD 12.0が登場してますが
FreeNASは当面11系を使う方針みたいですね

実はこのFreeNAS 11.2からまたも管理画面のUIが変更されています
しかしさすがのiXsystemsもCorralの失敗を忘れてはいません
ちゃんと今までの旧UIもちゃんと切り替えて使えます

今回はFreeNAS 11.1-U6からFreeNAS 11.2へ
旧UIからアップデートを実行し更新しました

更新作業

今回は別トレイン設定されているのでトレインを変更します
11.1系は「FreeNAS-11-STABLE」
11.2系は「FreeNAS-11.2-STABLE」

プルダウンで変更すると確認ダイアログが表示されますので
Yesでトレイン変更します

自動更新が有効なら勝手にチェックしてくれますが
私は手動更新にしているので「Check Now」を選択し
最新のバージョンをチェックし11.2になっているか確認

OKボタンを押して更新を開始すればあとはプログレスバーを見ながら
ひたすら待機するのみ

更新作業が終われば勝手に再起動されます

再起動が終われば新UIのログイン画面が表示されます

新UIについて

画面はこんな感じです

Corralほどではありませんがやはり未完成状態ですので
現状では閲覧だけにして設定変更は旧UIを使うのが無難です
日本語もまだ対応してません

旧UIへの切り替えは右上の歯車マークのセッティングボタンから
「Legacy Web Interface」で可能

こんな感じで11.2でもいつもの管理画面が使えます

右上の電源ボタンマークからログアウトできますが
このボタンのメニューがログアウト・再起動・シャットダウンと
以前と変わらず配慮の無い並びなので注意してください

更新後にアラートを検知

11.2へ更新して最初にログインした時からアラートを検知してました
右上の鐘マークの部分です

アラートの中身はこちら

New feature flags are available for volume ******. Refer to the "Upgrading a ZFS Pool" subsection in the User Guide "Installing and Upgrading" chapter and "Upgrading" section for more instructions.

要はZFSプールのバージョンを更新できるよって通知です
ZFSプールのバージョンは一度更新すると戻せないので
FreeNASを11.1へ戻す可能性がある場合は更新しない方がいいです
11.2のままでいいという方はアップグレードするわけですが
やはり何かあっては嫌なので旧UIで操作しましょう

レガシーUIへ切り替えても
従来の通知部分がWarningになっていました

メッセージも同じです

ZFSプールのアップグレードは
ストレージ→ボリュームから行います
ボリュームのページで一番上位のZFSプールを選択すると
アップグレード可能なZFSプールの場合は
下の操作ボタン部分にUpgradeボタンが表示されます

Upgrade確認ダイアログが出るのでOKで実行

Upgrade後はUpgradeボタンが表示されません

ここで念のため再起動を実行
問題なければアラートは消えます

もしアラートが消えない場合は
アラートメッセージ画面にあるチェックボックスを操作して
メッセージをクリアできます

ベースOS詳細

root@freenas:~ # uname -a
FreeBSD freenas.local 11.2-STABLE FreeBSD 11.2-STABLE #0 r325575+fc3d65faae6(freenas/11.2-stable): Wed Dec  5 15:08:42 EST 2018     root@nemesis.tn.ixsystems.com:/freenas-11.2-releng/freenas/_BE/objs/freenas-11.2-releng/freenas/_BE/os/sys/FreeNAS.amd64  amd64

ixlドライバのバージョン

Intel 10GbEカードのX710-DA2が使っているixlドライバのバージョンです

root@freenas:~ # cat /var/run/dmesg.boot
ixl0: <Intel(R) Ethernet Connection 700 Series PF Driver, Version - 1.9.9-k> mem 0xd0800000-0xd0ffffff,0xd1008000-0xd100ffff irq 16 at device 0.0 on pci1
ixl0: using 1024 tx descriptors and 1024 rx descriptors
ixl0: fw 6.0.48442 api 1.7 nvm 6.01 etid 80003483 oem 1.262.0
ixl0: PF-ID[0]: VFs 64, MSIX 129, VF MSIX 5, QPs 768, I2C
ixl0: Using MSIX interrupts with 5 vectors
ixl0: Allocating 4 queues for PF LAN VSI; 4 queues active
ixl0: Ethernet address: **:**:**:**:**:**
ixl0: PCI Express Bus: Speed 8.0GT/s Width x8
ixl0: SR-IOV ready
ixl1: <Intel(R) Ethernet Connection 700 Series PF Driver, Version - 1.9.9-k> mem 0xd0000000-0xd07fffff,0xd1000000-0xd1007fff irq 16 at device 0.1 on pci1
ixl1: using 1024 tx descriptors and 1024 rx descriptors
ixl1: fw 6.0.48442 api 1.7 nvm 6.01 etid 80003483 oem 1.262.0
ixl1: PF-ID[1]: VFs 64, MSIX 129, VF MSIX 5, QPs 768, I2C
ixl1: Using MSIX interrupts with 5 vectors
ixl1: Allocating 4 queues for PF LAN VSI; 4 queues active
ixl1: Ethernet address: **:**:**:**:**:**
ixl1: PCI Express Bus: Speed 8.0GT/s Width x8
ixl1: SR-IOV ready

FreeNAS 11.1-U6の時は1.9.5でしたが
FreeNAS 11.2では1.9.9-kに更新されてます

最後に

今回は旧UIを引き続き使えるので11.2へのアップデートも気軽にできました
記事内では新UIでの操作はしませんでしたが
Corralみたいに先が全く見えないようなレベルでもないので
1年後ぐらいには安定するかなという感じですかね

扱っているデータが大事ですし
そもそも管理画面なんてアップデート時しか使わないので
まったり仕上げてもらえたらいいかなと思ってます

FreeBSD 11.2への対応が遅すぎたので
既にリリースされているFreeBSD 12.0に合わせて
FreeNAS 12.0系がすぐ登場することになるのかなと思ってましたが
直近の予定を見ると
11.1系には11.1-U7が2/11、11.2系には11.2-U1が1/28、12.0系は12.0が8/5
11.3が3/25に予定されてますのでFreeNAS 12.0は思ったより先になりそうです