RouterOSをアップデート 6.43.8→6.43.11

Mikrotik RouterOSをアップデートした記録 6.43.8→6.43.11

アップデート内容確認

MikrotikのRouterOSを
6.43.8から6.43.11にWinboxを使ってアップデートします

変更点の確認はこちら
MikroTik Routers and Wireless – Software
https://mikrotik.com/download/changelogs

What's new in 6.43.9 (2019-Jan-10 07:11): 

(factory only release)
What's new in 6.43.10 (2019-Jan-24 07:09): 

(factory only release)
What's new in 6.43.11 (2019-Feb-04 12:24):

*) ipsec - accept only valid path for "export-pub-key" parameter in "key" menu;
*) quickset - fixed "country" parameter not properly setting regulatory domain configuration;
*) smb - fixed possible buffer overflow;
*) w60g - fixed disconnection issues in PtMP setups;
*) wireless - improved antenna gain setting for devices with built in antennas;
*) wireless - show indoor/outdoor frequency limitations under "/interface wireless info country-info" command;

細かい不具合修正だけですね

所要時間は5分程度

アップデートの手順

事前にバックアップをした上で以下の操作でアップデートを実行

RouterOSのアップデート

System→PackagesでPackage Listを開いて左上の「Check For Updates」を選択

6.43.8から6.43.11へアップデートと表示出てるのを確認して「Download&Install」を押す

無事に完了すると自動で再起動開始されます
再起動後にPackage ListにてVersionが6.43.11になっているのを確認

FWのアップデート

FW更新を行うためSystem→Routerboardを開く
Upgrade Firmwareが6.43.11になっているのを確認して「Upgrade」ボタンを選択

確認画面を経て更新完了すれば以下メッセージが表示される
”Firmware upgraded successfully. please reboot for changes to take effect!”

指示通りSystem→Rebootから再起動
再起動後にSystem→RouterboardにてCurrent Firmwareが6.43.11になっているのを確認

最後に最新Verの状態でバックアップをして完了