Netgate RCC-VE 4860を使う 事前準備

Netgate RCC-VE 4860を使うための事前準備をします

コンソールポートを使うために

RCC-VE 4860はVGAポートがないので画面出力をするには
コンソールポート(CONSOLE)を使う必要がある

コンソールポートの種類は
CiscoやYAMAHAだとRS-232CやRJ-45が多いが
RCC-VE 4860の場合はUSB mini-Bタイプ

ドライバをインストール

Silicon Laboratoriesの「CP210x USB to UART Bridge VCP Drivers」を使う

ドライバダウンロード先はこちら
https://www.silabs.com/products/mcu/Pages/USBtoUARTBridgeVCPDrivers.aspx

今回のクライアントはWindows7 64bitを使ってるのでv6.7.2をDL

CP210x_Windows_Drivers.zipを解凍
64bitOSなので「CP210xVCPInstaller_x64.exe」を実行

後はインストーラーに従っていく

これでドライバ準備は完了

今回の手順はReferencesに記載されている
Connecting to RCC Series Console Port
https://www.netgate.com/docs/reference/rcc-ve-serial-console.html